daily life

escape!!

フィンの物語の続きなんだけど 色塗ってないからちょっと待ってねお父さん

ここで一つ 最近怖かったお話

先日また一人の時間もらったから ネイル新しくしに行ったのね

お店の前にあるショッピングセンターの地下駐車場に車を停めさせてもらって。

ネイルが終わった後 義母へ母の日の贈り物を選びに

ショッピングセンターに行ったの

入った時すれ違った 男の人にニコッとされたから

『あらドイツにも愛想のいい人っているものなのねー』なんて思いながら

ニコッとお返事笑顔したの

それから その先にあるお店に入ったら またその人にバッタリ

・・・というか 特に商品を見るわけでもなく 私の周りずっとウロウロしてる?

2499408

気にし過ぎかな と 店を出たらその人もなんかついてきちゃって

ドラッグストアに入っても 私の半径2~3mくらいをウロウロ

え こわいこわいこわいこわい なにこれ なにこれ

買い物を済ませて店を出たら またついてきちゃったので

一応 確認のために 用はないけど本屋さんの児童書コーナーに。

うん ずっといるんだよね

 絵本選んでる間 私の1m後ろくらいで 児童書立ち読みしてるし。笑

『ヘイ彼女~ お茶してかな~い?』みたいな感じでは 絶対に無い!!

だから意図が解らなくて怖い

当然 本屋さんを出ても そしてそのショッピングセンターを出ても ついてくるわけで

たまに まるで知り合いみたいに隣に並んで歩いて来たり

どうしよう 車が地下にあるから怖くて行けない・・・トイレ行きたい・・・

携帯電話 バッテリー切れてるし ←ほんと用意が悪いんだよね

結局 そのままネイルのお店にまた入って お店のお姉さんに助けを求めて

事なきを得たんだけども 笑顔には応答しちゃダメよ と諭される33歳。笑

もうね いい年なんだからしっかりしよう と改めて自分のダメっぷりを目の当たりにした一日