homework

初めて日本の夏休み そして夏休みの宿題 もうさ 日本の学校は 休みだってのに全然休ませる気がないね 宿題多すぎ 日記とか歯磨きカレンダーとかの毎日コツコツ系以外は 全部終わらせたよ リアムのはいいのよ まだ少ないんだけど フィンは本当に面倒くさがりだから あの大量の宿題をさせるのに苦労した! っていうかほぼ私が仕上げたようなもんだけど 笑 ママ友曰く 4年生なんて3年生の比じゃないよ らしい ドイツの夏休みが 心の底から恋しく感じた 2017年 夏

exhibition room, family, monologue

He has never been alone

私達が日本に帰る前に リアムの大好きなお友達の一人が 先に日本へ帰ってしまうんだ 今まで帰って行ったお友達の時以上に 彼へのお別れの手紙には気持ちがこもってるのかも いつもなら 「なにかけばいい?」 って私に丸投げだったくせに 今回は動物を描くんだって張り切って・・・ とてもシュールなうさぎをかいた 笑 *** 日本語が話せなくて 日本語がわからなくて 幼稚園が嫌になった日もあった でも 彼はリアムの近くにいてくれて リアムの心の支えでいてくれたんだよ いい友達に出会えて 本当に良かったね うさぎ 喜んでくれるといいね

exhibition room

and then…Fin.

お父さん お待たせー☆ 最近はやりたいことがいろいろで バタバタしてたわ フィンの物語 感動の最終章 *** そこへ ぴーちのままがきて みみずをつかまえました。 ままとぴーちは おうちへかえりました。 それをみていた らいおんのまりおが ぴーちをたべようと きのうえでねむる ことりをまっていました。 つぎのひは じゅーどのおたんじょうびです。 りあむがまりおに ぱーてぃーへおいでと さそいました。 みんなでうたをうたい けーきをたべてなかよくおいわいしました。 おしまい *** 唐突にタイトルの本題にはいり 唐突に解決しましたが ちゃんと伏線を回収し ハッピーエンドな優しい仕上がりになってます また新しい私の宝物 大切に保管しようと思います

exhibition room, love!love!love!

and then…

だれも待ってない感は否めませんが 前回の続きです 思いのほか色付けがめんどくさいのですが 大切にしたい作品だから さっき空いた時間で塗り塗り それではさくっといきましょう。 *** そこへ ことりのぴーちが いっしょにたべよう といってきて 3にんは ぴーちといっしょにたべました。 つぎにみんなで おかいものにいきました。 りんごと みかんと ぽてとを かいました。 次回へ続く(まだ続くんですよねー) *** お気づきの方はいらっしゃいますでしょうか 色付けをしながら私はちょっと感心をしてしまったのですが 挿絵の中に のちの展開への伏線が仕込まれているんですよっ そして気になったのがドル表記・・・舞台は日本だったはずよね?笑 突っ込みどころ満載のこの物語 続きもこうご期待!!

exhibition room, love!love!love!

maiden work

フィンの家庭教師の先生に 先週言われたお言葉 『夏休みの宿題として フィン君とお母さんと一緒に絵本を作ってもらおうと考えているんですが。』 まだ文章を作る段階には ほど遠いフィン 先生 それはなかなかの難題です・・・ でも 夏休みもまだまだの時期に せっかく宿題内容教えてもらってるんだから これは練習をしてみなくては!と 思い立ち 昨日 フィンの第一作目が 完成しました 自分で登場人物やお話のあらすじを考えて それを文字にして挿絵を描いて 本人も楽しんでいたし すごく良いお勉強になったみたいっ *** タイトル【じゅーどの おたんじょうび】 にほんのおおきなおうちに ふぃんとりあむとじゅーどがすんでいました 3にんは とりにくをたべていました。 次回につづく・・・(まだまだつづきます。笑) *** 文章として繋げるのと挿絵の色付けは私がしたのですが…

exhibition room, love!love!love!