family monologue

in time

2165524とうとう今日から子ども達のキンダーが夏休みに入ったよ

早朝に寝起きの子どもたちを用意させて車で送迎が無いことを喜ぶべきか

それとも

上の2人がキンダーに行ってる間に家事がスイスイ進む事の方がいいのか。

小さい子供が3人いると 暇なのに いつも時間が無い感覚

授乳をしている間 暇なのに動けない

お料理を煮込んでる間 暇だけどキッチンから離れられない

時計の針がまるで止まっているかのように時間が流れ

それなのにやらなくちゃいけないことが仕上がっていかなくって明日に持越し。笑

ああ 今日はバルコニーのお掃除したかったのにな

あちゃー 今日も窓を拭けなかったよ ま、いいや 明日にしよう

そうやって過ぎていく2014年の夏の日々

2 Comments Add New Comment

  1. わかります。
    痛いほどわかります。
    うちは子供二人だけれど、
    「暇なのに、やりたいこと(やるべきこと)ができない」ジレンマの日々。

    そんなのもあと数年、妥協を身につけて乗り越えましょ(笑)
    うん、ほんと私は妥協の日々だ(*^^*)

    1. ニニコさん
      そうなんですよね、暇だったのに大した事出来ずに
      1日が終了してしまうんですよね。
      子供達が起きて来る前と寝た後の数時間の方が
      日中に比べて生産性が高いです。笑
      ね ほんとに 子供達が小さいうちはご奉仕するためだけに
      生活していきます。笑

Comments are closed.